メイン画像

自分の時間を持つ事で

「学生時代と違ってお金はあるけれど、それを使う時間が無い」という社会人の悩みをよく耳にします。 一般的に、社会人・学生を問わず、年齢を重ねて行くと「自分だけの時間」を持つことが難しくなるものです。 だからこそ、自らの手で「自分だけの時間」を作り出す必要があるのです。 そうは言っても、「○時から○時までは会社で仕事」と決まっていることがほとんどで、これを簡単には動かすことができないのも事実です。 では、一日のうちのどの部分に「自分だけの時間」を作り出せば良いのでしょうか? その疑問を解決する手段として最も有効なのが“朝活”です。 趣味など自分の好きなことをする時間を朝に作るもよし、雑多なタスクを朝にこなして、一日の終わりに自分だけの時間を持つのもよし。 「朝活で○○をしなきゃ」と凝り固まるよりも、「朝活を活用して楽しい毎日を送ろう」と気軽に考えた方が、もっと自然に朝活を受け入れることができるでしょう。 相も変わらず忙しく、効率性が求められる現代。 それゆえに、自分で作り出した「自分だけの時間」を持つことがより“光る”ものとなるはずです。 毎日の生活に朝活を取り入れ、「がんばり時」と「たのしい時」のメリハリがついた、豊かな毎日を手に入れましょう。